消費税が高くなる前に車を買替

エコカー減税終了前に購入

エコカー減税を利用しましょう

エコカー減税は、低燃費・低排出な車に対して、自動車取得税・自動車重量税・自動車税を減免し、加えて購入補助金も出る制度ですが、環境性能割では適用されないようです。
対象の車の燃費基準は年々厳しくなってきておりますが、新車なら、9割程にあたるほとんどが対象車となります。
しかし、エコカー減税は期間が限定されておりますので、細かく確認する必要があります。
エコカー減税の対象車で消費税増税後の燃費基準に適合しない車は、自動車取得税より増税となりますので、廃止になる前に購入しましょう。
自動車税と自動車重量税共に免除されますので、維持費もお得となります。
今後、政府のエコカーの購入に対しての支援制度については、検討される可能性もあるようです。

消費税の増税で気を付けたいこと

任意の自動車保険は、普通の自動車保険で年に10万円ほどかかります。
保険自体は、消費税の対象外とされていますが、保険会社での経費に消費税の増税が影響して、保険料も値上がりする可能性があります。
その他にもガソリンの価格も気になりますよね。
駆け込み需要でも限界がありまし、必ず必要となりますのでかなり負担になりそうです。
車検費用も自賠責保険・自動車重量税・検査や自動車の整備代、高速料金など維持費やサービスなど全てに課税されます。
修理台も部品や不具合などについては、購入時に無料で修理してもらえる場合もありますので、確認してみましょう。
高額である車の購入や売却には今まで以上に対策を考えていかなければなりません。


この記事をシェアする