消費税が高くなる前に車を買替

車の購入は増税前がお得なのでしょうか?

決算期での購入がお得です

車は高額商品ですので、100万円の車が単純計算しても2%増税で2万円高くなることになります。
同じ商品なのに2万円余分に支払うのですから、やはり消費税増税前に購入する方がお得ですよね。
5%~8%へ消費税が増税された年は、前年より新車販売台数は増えています。
中古車にも同じことがいえます。
消費税増税前はかき入れ時です。
競争が激化することが予想されますので、販売店は売上を増やすために新車価格は安くなる可能性があります。
値引き交渉を行えそうな時期として、決算期はキャンペーン金利もありますのでローン利用するにもお得といえます。
直前になると駆け込み需要で値引きが期待できませんし、納期も消費税増税以降になるかもしれません。

納車の日を確認しましょう

車の適用税率は、陸運局に登録が認可された日から決まります。
しかも、登録が混みあってしまうと時間がかかることが予想されますが、消費税が増税される前日までに納車が間に合わなければなりません。
1ヶ月前には契約を完了している必要があります。
直前に発売の新型の人気車種の場合は予約状況によっては、納車までに日数がかかると予想されますので、新型車をすぐに申し込んでも消費税の増税以降になる可能性があります。
もし納車が間に合わなかった場合は、消費税分は値引きしてもらえるのかは確認しておきましょう。
新型車にこだわらないなら、消費税の増税2~3ヶ月前の登録に向けて相談しながらゆっくりと値引き交渉をしながら商談をすすめるのがベストといえるでしょう。


この記事をシェアする