税金が高くなる前に車の買い替えがおすすめ

消費税が高くなる前に車を買替

車の購入は増税前がお得なのでしょうか?

消費税10 %への増税が、行われる予定です。 消費税の増税までに納車できなければ、消費税が余分に2%かかってしまいますので、車の買替や購入の時期には、注意が必要となります。 増税される直前に発売される新型車は納車が間に合うかどうかを確認しましょう。

税金が高くなる前に登録を済ませましょう

車を購入する時期は、悩んでしまいますよね。
なるべく安く購入したいと思っている人は多いと思いますが、消費税が8%から10%に引き上げられる予定です。
消費税が増税されると当然車両価格は上がりますので、かなりの額の負担となってしまいます。
やはり消費税増税前に購入する方がお得なのでしょうか?
消費税増税と同時に自動車取得税という購入時支払う税金が、廃止されることになりました。
しかし新たに環境性能割という税制が導入される予定ですが、負担は軽くなるのでしょうか?
少ない排出ガスの燃費のよい車だと税金が軽減される場合もありますが、その条件は厳しくなり、ハイブリッドカーではなく普通車・軽自動車だと値上がりすることになるようです。
また、電気自動車やハイブリッドカーなどの環境に対応した車の購入時、優遇措置として自動車取得税・自動車重量税・自動車税が対象に免税されるエコカー減税がなくなる予定です。
たとえば、エコカー減税の対象車なら燃費の基準により、自動車税は、50%~75%、軽自動車税は、25%~75%の減税となります。
消費税が増税になっても、その分税金が減ることはなさそうです。
多少下がったとしても、消費税分2%以上の減税はないようですので、消費税増税前に車を購入する方がお得なようです。
なお、毎年4月1日に課税される自動車税は、減税されるようです。
車を買い替えるタイミングについて、もう少し詳しく調べてみましょう。

環境性能割は減税になるのでしょうか

燃費の優れた車であれば自動車取得税が廃止になり、環境性能割が導入されることによって減税になることもありますが、それ以外の車は増税になってしまいます。 近年軽自動車税に続き、自動車重量税も、それぞれ増税されています。 経過年数・環境負荷についても考慮する必要があります。

エコカー減税終了前に購入

環境性能割にエコカー減税が適用されませんので、どちらかを選ぶことになります。 どちらがお得なのでしょうか? エコカーを購入するなら、エコカー減税の方が、消費税が2%アップすることと自動車取得税と自動車重量税が免税になることを考えるとお得ではないでしょうか?